保育士として人気の上村親志

上村親志は、子供好きが高じてそのまま保育士になってしまった人物です。保育士という仕事は色々と大変な面もありますし、時には保護者などと衝突してしまうこともありそうですが、彼に関してはそうしたことはなく、保護者からも絶大な支持を得ているのです。ここでは保育士として活躍する上村親志についてお話しましょう。

■小さな頃から近所のお兄さん
上村親志は、自身が小さな頃から近所で自分よりも年下の子のお世話をしたり、お兄さん的な存在でした。年下の子をうまくまとめていましたし、積極的に遊び相手にもなってあげていましたから、近所のお母さんたちからの評判もとても良かったのです。また、保育園に通いだしてからも常に年下の子供を気遣っており、時には保育士に対しても配慮を見せていたというから驚きです。そんな彼ですから、保育士という職業を選んだのは必然だったのかもしれません。

■人に優しくて面倒見が良い
中高生時代も、誰に対しても優しく面倒見が良いからと同級生や後輩から絶大な支持を得ていたといいます。困ったことがあれば上村親志に相談すれば何とかしてくれる、というような風潮も生まれたそうですから、凄い影響力と言えるでしょう。また、誰にでも優しくて面倒見が良いのですから自然と女子からも人気が高まりますし、バレンタインデーのようなイベント時には数えきれないほどのチョコレートを貰ったという伝説まであるくらいです。そんな彼はこの頃から将来の夢として保育士を思い描くようになります。

■不思議なカリスマ性
子供が大好きで、保育園に通っている子供たちからも人気の高い彼ですが、実は保護者からも絶大なる支持を得ています。本来子育てや教育に関しては両親が指針を考えるものですから、保育士が口を挟んだり言い過ぎたりすると険悪な雰囲気になることもありますが、彼に関してはほぼすべての保護者が言うとおりにしてしまうのです。これを一種のカリスマ性とでも言うのでしょうか。彼の口から出る言葉は何故か説得力に満ち溢れていますし、彼が言うのであれば間違いない、という雰囲気になってしまいます。

上村親志にとって保育士という仕事はもしかすると天職だったのかもしれません。保育士という仕事はただ子供が好きというだけでは絶対にやっていけない仕事ですが、彼に関しては子供が好きというのは大前提で、保育士に必要となる要素がすべて備わっているような気がします。まさに保育士になるために生まれてきた男です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. お金との付き合い方を考えることあなたはお金との付き合い方について考えたことはありますか?現代社会の中…
  2. 現代の多くの企業では、人員削減とコスト削減が進められ、ITとAIの導入は一般的となっています。企業の…
  3. ■農業男子、吉田泰昌です!!ちょっと...ゆっくりと自分語りをしたいと思いこんなページを作ってみまし…
ページ上部へ戻る