なぜ大渕愛子はメディアに求められるのか

弁護士がテレビに出演する事は決して珍しいものではありません。法的見地からの意見が必要になった時、スタジオにコメンテーターとして、あるいはVTRで出演するケースはよくテレビで見かける光景です。法律の話はどうしても難しくなってしまいがちですから、弁護士が語った方が説得力があります。それこそ普通の人に言われても「え?」と思ってしまうような事であっても、弁護士の言葉であれば納得する人も多いのではないでしょうか。弁護士の言葉には、備わっている法律の知識のおかげで説得力がありますからね。ですが大渕愛子のように、コメンテーターとしてはもちろんですがバラエティ番組にまで多々出演するような弁護士は稀です。大渕愛子は1977年生まれの東京弁護士会に所属している弁護士ですが、様々なバラエティ番組に引っ張りだこと言っても良いでしょう。

弁護士ではあるのですが、弁護士として求められているのではなく、一人の女性としてのタレント性を求められているのでしょう。不思議に思うかもしれませんが、なぜ大渕愛子がメディアに多々出演しているのかと言えば彼女がプロ意識が高く、自分自身の役割をしっかりと理解しているからに他なりません。テレビ番組は基本的に台本によって進行します。出演者が自分の裁量だけで話す事は実はあまりないのです。芸人さんが大量に出演するような番組であれば別ですが、一般的には台本が用意されており、それに沿って発言等も行われるものなのです。大渕愛子はそれらを忠実にこなしてくれているのです。いわばプロ意識が高いのです。

そのため、制作現場にとっては大渕愛子の存在はとてもありがたいもので、計算出来るタレントという事になるのです。ましてや実は弁護士。このギャップのおかげで視聴者にインパクトを与える事が出来ますので、制作サイドにとっては彼女のキャラクターはとても使いやすいのです。それを大渕愛子自身もしっかりと理解しているからこそ、メディアに重宝されているのです。メディアに出るのは、人気はもちろんですが制作サイドの意向もあるのです。

それらを考えた時、なぜ大渕愛子が起用されるのかもよく分かるのではないでしょうか。もちろん彼女自身のキャラクターの人気もあるのですが、さすがに弁護士ですから自分自身がどのようなキャラクターを求められているのかを理解しているのです。忠実に台本をこなす彼女は、現場にとっては頼れるタレントなのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. ■農業男子、吉田泰昌です!!ちょっと...ゆっくりと自分語りをしたいと思いこんなページを作ってみまし…
  2. 多くの女性にとって化粧品は自らの美しさを引き出すために欠かせないアイテムです。エスケイ通信と取引して…
  3. 代々木で特別な日のディナーをお求めの方は、代々木上原 ディナー「アンミラート」がおすすめです。本場イ…
ページ上部へ戻る