七騎の会が運営するサイト「競馬セブン」

競馬の主役は「馬」であることは言うまでもありません。その「馬」を所有する「馬主」がいて、その「馬」を生産した「牧場」があって、その「馬」を管理する調教師などの「厩舎」があって、そしてもちろんその「馬」に乗る「騎手」もいます。それぞれの立場の人がそれぞれの立場で1頭の「馬」に関わり、そんな「馬」たちが集まってレースをします。そして、そんな「馬」たちを見ながら馬券を買う我々「ファン」の思惑も「オッズ」という形で現れます。競馬が他の公営競技と大きく異なるのは、様々な立場の人たちがそれぞれに思惑を抱えている点を想像し、推理して予想を組み立てなければならない点にあります。複雑で難解ではありますが、その複雑さことが面白さであり、魅力のギャンブルであると言っていいでしょう。

この複雑さを紐解くには、それぞれの立場からの情報が必要です。ですが、一般にはなかなかその情報を目にすることはありません。美浦・栗東の両トレセンで取材するトラックマン達が記事に出来なかった話。元調教師だからわかる調教パターンにまつわる話。騎手の目線で見るからこそわかるレースのポイント。馬主や生産牧場の事情が垣間見える思惑。こうした話を予想のファクターに加えてみたいと思ったことはありませんか。こうした情報が手に入るWebサイトがあります。そのサイトの名前は「競馬セブン」。このサイトを運営する「七騎の会」には元日本軽種馬協会理事、元調教師、元競馬学校教官、現役トラックマン、元生産牧場場長といった人たちが所属しています。

「現場主義」を掲げるWebサイトはいくつかあります。競馬専門紙やスポーツ紙の中にも「現場主義」をモットーとするトラックマンや記者はたくさん存在します。しかし、取材ではない、自らの経験に基づいた「現場」を語ることができる人はそれほど多くありません。「七騎の会」にはそんなスタッフが多数在籍しているのです。

この「競馬セブン」の情報を見ると、単なる勝ち負けだけではなく、競馬の奥深さを改めて実感することになるのではないでしょうか。そしてひとつの勝ち星に込められた意味を深く知るいい機会になることでしょう。「競馬セブン」の情報には他の追随を許さない「濃さ」があります。その「濃さ」を是非とも味わってみてください。まずは「競馬セブン」で検索を!!きっと競馬がさらに好きになるはずです。

競馬セブン
http://www.keiba7.net/lp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. ■農業男子、吉田泰昌です!!ちょっと...ゆっくりと自分語りをしたいと思いこんなページを作ってみまし…
  2. 多くの女性にとって化粧品は自らの美しさを引き出すために欠かせないアイテムです。エスケイ通信と取引して…
  3. 代々木で特別な日のディナーをお求めの方は、代々木上原 ディナー「アンミラート」がおすすめです。本場イ…
ページ上部へ戻る